Facebook Twitter
alltechbites.com

ワイヤレス ネットワークが必要な 5 つの理由

投稿日: 2月 4, 2022、投稿者: Grant Tafreshi

私に関する限り、ワイヤレスネットワークは歴史上最大の発明の1つです。それらは本当にパン以来の最高のものです。 つまり、パンは自分自身を切るのに十分簡単ですが、ネットワークを配線しようとしたことはありますか? したがって、言葉を広める精神で、ワイヤレスネットワークが必要になる5つの理由を紹介します。

インターネットアクセスを共有します。

ワイヤレスネットワークは、複数のコンピューター間で1つのインターネット接続を共有する安価で簡単な方法を提供し、少なくとも1モデムの必要性を排除します。 ワイヤレスカードに接続して切り替えるだけで、新しいコンピューターをネットワークに追加できます。オンライン接続をすぐに入手できます。 言うことができる有線ネットワークはあまりありません。

ファイルとプリンターを共有します。

ワイヤレスネットワークにより、家のどこにいてもファイルにアクセスできるようになり、コンピューターでノートブックのデータを簡単に同期できます。 ワイヤレスネットワークを持つコンピューター間でファイルを電子メールで送信したり、CDに燃やすことでファイルを送信する方がはるかに簡単です。

プラス、プリンターが添付されているので、好きな場所に何かを書いて、印刷を押して、別のコンピューターに接続されたプリンターからそれらを収集することもできます。 ネットワークは、すべてのコンピューター間で自動的に共有されます。

ゲームをする。

お気に入りのゲームでLANでプレイするオプションを見たことがあるかもしれません。 まあ、ワイヤレスネットワークはLANSです。つまり、家族全員がそのゲームを一緒にプレイできることを意味します。 ウェブ上でランダムな人々と対戦するよりも、そしてもちろんゲームがはるかに速く動作することよりも、あなたが知っている本物の人と対戦するのははるかに楽しいです。 友達を招待してコンピューターを持参して参加することもできます。

追加のプラスは、ワイヤレス機器を使用すると、自分や子供が持っているゲームコンソールをワールドワイドウェブに簡単に接続し、オンラインでプレイを開始できることです。 毎回モデムに接続する必要があるよりも、ワイヤレスに接続されたXboxまたはPlayStation 2でオンラインでプレイする方がはるかに簡単です。

常にオン。

ブロードバンドの広がりの大きな要因は、インターネット接続を常にダイヤルインせずに常にオンにすることでした。 いつでもコンピューターはいつでもインターネットに接続できます! 部屋から部屋へのラップトップを取ることができますが、それは重要ではありません - 彼らは常にアクセスできます。 さらに、ワイヤレスネットワークがログインせずに動作するため、ユーザー名とパスワードシステムを確立する必要さえありません。とても便利です。

これ以上ワイヤーはありません。

これは、明らかに、ネットワークをワイヤレスに変更する必要がある最大の理由です。 ワイヤーは不便で、高価で、醜くて危険です - あなたはそれらの裏を見ることができてうれしいです。

平均イーサネットワイヤーは1メートルあたりそれほど費用はかかりませんが、必要なことをするのに十分なメーターを購入したとき、それは速く蓄積する傾向があります。 それだけでなく、部屋や床の間でケーブルを走らせたい場合は、壁の穴をノックする必要があります。 私は、彼らがワイヤレスになるまで、1つの部屋に限定されたネットワークを維持する必要がある賃貸フラットの多くの人々を知っています。 ワイヤレスネットワーキングを使用すると、必要に応じてコンピューターを取り出すこともできます!

これ以上のワイヤーは、床全体と角にスパゲッティがこれ以上ないことを意味します。 これはあなたの家のセキュリティを改善しますか?露出したワイヤーをつまずかせるのは非常に簡単ですが、さらに、すべてのワイヤーを梱包して再接続するすべてのトラブルに行く必要はないことを意味します あなたが移動するとき、反対側に。 さらに、インターネット接続が故障した場合、すべてのワイヤーを損傷について調べる必要がないことを意味します。

確信している?

あなたが興奮しているなら、それは素晴らしいことです - これらの記事を読んで、すべてをセットアップするのに最適な最良の方法に関するアドバイスを読んでください。 あなたがまだあなたのためであると思わないなら、それをあきらめないでください - 私はあなたが本当に簡単で安価なワイヤレスが本当にどれほど簡単で安価であることに気付くとき、あなたが丸くなると確信しています。